不動産登記簿の2つのタイプ

不動産登記簿の2つのタイプ

不動産登記簿とはどのようなものでしょうか。またその内容にはどのような記載があるのでしょうか。不動産登記簿はその不動産の所在地を管轄している法務局の登記所に保管されています。この内容はだれでも必要な時に一定の手続きを経て自由に閲覧したり入手したりすることができます。

法務局の登記所には、磁気ディスクによって登記簿を作成しそれらを全てコンピュータによって管理しているコンピュータ庁と、従来からある土地や建物の登記用紙を綴って作成したバインダー式の登記簿によって登記に関する事務を行うブック庁と呼ばれる2種類があります。

●コンピュータ庁

コンピュータ庁では不動産登記簿はすべて磁気ディスクで調整されています。不動産登記簿の内容は所定の請求書を提出することによってだれでも閲覧や入手が可能です。また登記記録を調べるだけであればコンピュータからインターネットを通じて調べることも可能です。

●ブック庁

ブック庁では登記用紙を綴って作成されたバインダーによって登記簿を管理しています。登記簿には土地登記簿と建物登記簿があります。ブック庁でも所定の請求書を提出することによってこれらの登記簿の謄本や抄本を入手することができます。閲覧の請求書は登記所の窓口に備えられていますので必要事項を記入し、手数料分となる印紙を貼って提出します。

なお請求書に必要事項を記入する際の注意点として、いわゆる住所と土地の地番の違いを知っておく必要があります。住所と地番が一致しない場合には登記所に備え付けられている住宅地図などを参考に地番を特定した上で記入しなければなりません。


「不動産登記の基本」記事メニュー

「不動産に詳しくなる」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析