行政書士

行政書士について

それでは税務・税金に関連する士業ということで次は「行政書士」を紹介していきたいと思います。

行政書士とは、主に行政機関等に提出する書類の作成や手続きの代理を行います。
書類の種類は許認可に関するものが多く、その数は1万種類以上あるとも言われているようです。法律にかかわる事が多いですが、弁護士とは意味合いが違って、高度な行政事務を専門とするところが特徴です。イメージで言うと、書類作成のスペシャリストといった感じでしょうか。

主な仕事としては、
・官公署に提出する書類の作成とその代理、相談業務
・権利義務に関する書類の作成とその代理、相談業務
・事実証明に関する書類の作成とその代理、相談業務
などがあります。

また行政書士以外の士業(弁護士・司法書士・税理士・弁理士など)との関係も深く、それぞれの士業が専門分野で業務を分業し協力し合っているのが現状です。
行政書士以外の法律系国家資格と比べると難易度が低くなってはいるものの、近年は受験者数が増加する中で合格率は低くなってきており、高度な専門知識が求められています。

各士業とも業務内容が多岐にわたる中で、得意する分野に特化し活躍している人は少なくありません。逆にもし依頼することがあるならば、その分野での経験豊富な人を選んだほうが良いでしょう。
法律のことは弁護士でなければと思いがちですが、関連する書類作成など行政書士が活躍する場面は数多くあります。あなたも普段の社会生活のなかでも関わる機会があるかもしれませんね。


「行政書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析