クーリングオフは内容証明郵便で

クーリングオフは内容証明郵便で

クーリングオフの権利を行使する旨を、販売者に通知するのに「内容証明郵便」で行うことが勧められています。行政書士の先生に依頼するのではなく、自分でクーリングオフを行う場合には、特に注意をして書面を作成しましょう。

内容証明郵便をつかえば「どんな内容の手紙を、いつ、だれが、だれにあてて」出したかということを、郵便局が証明してくれます。そのため悪質商法で多い「言った、言わない」「手紙を出した、受け取っていない」というトラブルを、内容証明郵便を使って最小限に抑えることができるでしょう。

クーリングオフの権利は、行使できる期間が決まっていますので「そんな手紙を受け取っていない」などと、業者が対応の引き伸ばしを図り、権利を行使できなくしようとする可能性があります。
内容証明郵便を利用すれば、そのようなトラブルを防ぐことができます。行政書士でクーリングオフを得意としている先生に依頼して、書面を作成していただくこともできます。

内容証明郵便は、どんな紙に書いても大丈夫です。赤枠の紙が市販されていますので、それを使うほうが「きちんとした印象」を相手に与えることができるでしょう。同じ内容の手紙を3通書きます。1通は、相手に送り、1通は郵便局は控えとして保管し、1通は自分が控えとして保管します。1通の手紙を書いて、あとはコピーしてもかまわないのです。

郵便局によっては、内容証明郵便を受け付けていない場合もありますので、事前に電話で確かめていくとよいでしょう。


「クーリングオフを身近に考える」記事メニュー

「行政書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析