行政制度と行政書士の関係を知ろう

行政制度と行政書士の関係を知ろう

行政とは「国家が行うこと」のうち、立法・司法を除いたものです。日本では、統治権の一つとして「行政権」を位置づけています。
行政書士は、行政書士法に基づき行政機関に提出する許認可申請書類等や契約書・遺言書等の「権利義務、事実証明に関する書類」の作成・代理などの法律事務を業とする者です。行政書士資格制度そのもののことを表す場合もあります。

行政制度は、行政書士のようなプロフェッショナル以外の一般人にとっては、複雑なことが多く、何らかの行政手続きを行うにも、わかりづらい書類を記入することになりますので、行政書士のようなプロに書類の作成を依頼するとスムーズに物事が進む、というイメージがあります。

日本の行政制度は、残念ながら「完璧」とまではいえません。しかし、行政サービスなどは利用したい側が申請することではじめて「利用できるかどうか」を検討してもらえる、という現状があります。「行政手続きがわかりづらいから」として、申請や申込そのものをしなければ、行政サービスを受けることは叶いません。

行政書士の方に依頼をすれば、費用はかかりますが、「行政が行っているサービスはどんなものがあるか」「どんな書類を揃えて提出しなければならないか」が分かりやすくなります。

行政書士として成功するには「これが得意分野です!!」とアピールできるものを持つことが大事と言われます。たとえば、会社設立手続きが得意であるとか、離婚に関する書類作成、交通事故に関する書類作成、外国籍の方が日本へ帰化したい場合の手続きが得意である、などの得意分野を持ったほうが良いといわれているのです。


「行政と制度について」記事メニュー

「行政書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析