行政書士と「管理制度」という言葉

行政書士と「管理制度」という言葉

行政書士は「○○管理制度」という言葉に、多数接する立場となります。介護雇用管理制度、在留管理制度、指定管理者制度、人事管理制度などです。
「管理」という言葉には「一定の規準から外れないよう、全体を統制すること」という意味があります。また「制度」という言葉には「国家・社会・団体を運営していく上で、制定される法や規則」という意味があります。

行政書士は、様々な「管理制度」にもとづいて、書類を作成すること、行政機関に提出することなどが業務内容となります。たとえば、介護雇用管理制度導入奨励金を導入する介護関係の事業主が増えています。

この制度は介護関係事業の事業主が、新たなサービスの提供等を行うのに伴い、介護労働者のキャリアアップ、処遇改善などを通して、介護労働者の確保・定着のために「人事管理制度の導入や見直し事業」と「雇用管理改善事業」を実施した場合に、その事業にかかる経費を助成するために支給される奨励金です。

介護雇用管理制度導入奨励金を受給したい場合には、申請書を作成して提出しなければなりません。
申請書に漏れや抜けがないように作成するには、行政書士や社会保険労務士などの専門家に依頼することが、安全で確実です。このような助成金を申請する場合には、申請が有効とされる期限が設けられていることが多いので、書類の作成を専門家に依頼し、スピーディに事務処理をすることが必要なのです。

行政書士として、成功していくためには、何らかの得意分野を持つことが必要と言われています。たとえば「介護事業主のための書類作成は任せてください!!」と言えるようになるのも、一つの選択肢ですね。


「行政と制度について」記事メニュー

「行政書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析