医療事務とは

医療事務とは

医療事務とは、病院や医療施設などで行う事務のことで、医療事務資格を持っているとその分野の専門家であることをアピールできます。医療事務担当として採用される人は、診療報酬明細書(レセプト)の作成と受付・助手業務を行うことになります。医療事務資格は「通信教育で取得できる資格」の中では、行政書士、司法書士、宅建などと並ぶ人気資格です。

医療事務の仕事につく人は、「必ずしも有資格者でないといけない」という決まりはありません。医師や看護師のような免許制の仕事ではなく、法的に統一された医療事務資格試験というものも、存在しないのです。ただ、病院や医院・クリニックが人材を採用するときに、何らかの医療事務資格を保有していることは、採用するか否かの判断基準として大きなポイントとなります。

女性には、通信教育などで医療事務資格を取得し、社会復帰に備えるということが人気です。女性の場合には、出産して育児が始まってしまえば、フルタイムでは働くことが難しいという場合もあるでしょう。

また夫の転勤などの事情で、妻も転勤をしなければならない、という場合もあります。そのようなときに、様々な雇用形態・勤務時間など、自分の働くことができる範囲での求人に応募しやすいようにと、医療事務の知識を身につける人が多いのです。

また、病院や医院は「患者さんの役に立っている」という実感を得られやすい職場ですし、女性が育児・介護などで見につけた気配りを、そのまま職場で生かすこともできる、というメリットがあります。


「医療事務も人気の資格」記事メニュー

「行政書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析