医療事務の資格について

医療事務の資格について

医療事務資格は、法的に統一された資格試験というものが、存在しないのです。医療事務の仕事につく人は、「必ずしも有資格者でないといけない」という決まりはありません。医師や看護師のような免許制の仕事ではないからです。

ただし、求人を出す側(病院、医院・クリニックなど)は、たとえ「未経験者も可」としている場合でも、医療事務の基礎的な知識は持っていることを期待しています。資格がなくても「経験がある」という場合には、採用されやすいかもしれません。ただ、誰でも初めは未経験者なのですから、差をつけるために「資格保持者であることをアピールする」というのは、有効な方法です。

医療事務資格を取得するには、まず10種類ほどもある医療事務資格のなかから、どれを選ぶのかを考えなければなりません。

たとえば、診療報酬請求事務能力認定試験は、合格率が30パーセント台の難易度の高い資格です。またメディカルクラーク検定のような受験資格が設定されている資格もあります。その場合には、通信教育や通学講座で一定の勉強を積んだ後に、試験を受けて合格し、資格を与えられることとなります。

初めて医療事務資格を取得しようとする人は、医療事務管理士検定などの基礎的な知識を幅広く学ぶことのできる資格試験に挑戦すると良いでしょう。医療事務資格があるからといって「必ず採用される」という保障は、残念ながらありません。

また、最近は「レセプト作成ができさえすればいい」のではなく、病気で不安になっている患者さんとのコミュニケーションをとることのできる人を、採用する医療機関が増えています。


「医療事務も人気の資格」記事メニュー

「行政書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析