「日本医療事務」で検索すると

「日本医療事務」で検索すると

「日本医療事務」という言葉で検索エンジンを利用して検索すると、様々な団体のホームページが検索結果として表示されます。日本医療事務センター、日本医療事務協会、日本医療保険事務協会などです。

医療事務の仕事につく人は、「必ずしも有資格者でないといけない」という決まりはなく、医療事務の資格も免許制ではありません。そのため、様々な団体が資格試験を独自に行っている、とうい現状があります。

各団体が主催する資格試験には「どの分野の能力を問われるか」という特徴があります。窓口・案内業務、会計・レセプト作成業務など、どの知識を特に勉強したいかということを考えて、受験する資格を選ぶ必要があります。

特に人気が高いのは、「診療報酬請求事務能力検定」「医療事務管理士検定」「メディカルクラーク検定2級」などで、求人を出す側としても「この資格を持っている人は、即戦力として使える」と考えるようです。ただ、診療報酬請求事務能力検定は難易度が高く、合格率が低いことでも知られています。

また、メディカルクラーク検定はレセプト作成の実技試験があります。初めて医療事務の勉強をする人は、広い範囲の知識を勉強できる「医療事務管理士検定」を取得し、そののちに他の資格の取得も考えるということが現実的には多いです。

医療事務の仕事につく場合には「新卒の人が必ずしも有利」とは限りません。これからクリニックを開院するという人は、医療事務の経験者を採用の際に優遇する、というケースもあるでしょう。また、派遣やパートなど、雇用形態も自分の望む形を選びやすいので、家庭の事情などに変化があった場合にも、雇用主と相談をして働くことを続けやすいです。


「医療事務も人気の資格」記事メニュー

「行政書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析