スムーズに株式会社設立するには

スムーズに株式会社設立するには

株式会社設立は「会社法」という法律が改正されて以降、ずいぶんと手軽になりました。株式会社設立の目的は「これから起業しよう」「個人事業主から法人成りしよう」など、人によって様々な目的があります。

行政書士の中には、株式会社設立や合同会社設立などの手続き代行を得意分野としている先生がいます。行政書士に株式会社設立を依頼すれば「何から手をつけていいかわからない・・・」とパニック状態になって、先延ばしにしてしまっていた株式会社設立の手続きがスムーズにできます。

新しくなった「会社法」の特徴は、取締役1人であっても株式会社が設立できるようになった」ということです。かつては、株式会社設立のためには「取締役3人、監査役1人」の合計4人が必要だったのです。新会社法がスタートしたことによって「自分1人で起業」の場合でも、初めから株式会社設立をして、事業をスタートすることができるようになりました。

また、かつては「類似商号規制」というものがありました。同一市区町村内に、自分が設立しようとする会社と同じ、あるいは似たような会社名で、事業内容も似通っている会社があるかどうか、事前に調べてから株式会社設立をしなければなりませんでした。しかし、新会社法ではこの規定がなくなりましたので、事前調査の費用や時間をかけなくても済むようになりました。

また「1円起業」という言葉が流行したことがありますが、新会社法では旧来の会社法とは違って「最低資本金制度」が撤廃されましたので、資金の少ない人も株式会社設立をして企業をすることが、できるようになったのです。

とはいっても、株式会社設立には様々な手続きが必要なことは事実です。行政書士などのプロの方に、設立手続きをお願いすると、よりスムーズに株式会社設立ができます。


「会社設立するには」記事メニュー

「行政書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析