会社設立登記とは

会社設立登記とは

会社設立登記は、行政書士や司法書士などのプロに依頼する人も多いですが、プロでなくては「絶対にできない」というものではありません。市販の書籍などを参考に、自分で会社設立登記をする人もいます。
また、書類提出先の役所に相談・問い合わせをしながら手続きを行う、ということもできます。

ただ、行政書士や司法書士のようなプロと違って、一般人が会社設立登記をすると、膨大な時間がかかりますし、見たことのないような書類をたくさん揃える必要も出てきますので、漏れや抜けがあるたびに、役所に足を運んで確認作業をする、ということになります。

また、提出書類の期限を守れなかった場合に、税制上の特例・メリットの適用が受けられなくなるケースもあります。できるだけ安心・確実な会社設立登記をしたい人ほど、行政書士や司法書士などのプロに依頼すると良いでしょう。行政書士さんとは、その後も長いお付き合いをすることになります。

信頼できると評判の方であっても、あまりに遠方の行政書士さんに依頼すると、その後のお付き合いが大変ですので、できれば会社や自宅などから通いやすい範囲の行政書士事務所を探して依頼するようにしましょう。

会社設立登記をして、会社経営者となる目的というのは、人によって様々です。様々なケースをご存知の行政書士の方ほど、臨機応変に対処してくれることでしょう。最近は若くして起業される方もいますので、年齢の近い行政書士さんのほうが話しやすいとか、年齢の離れたお父さん・お母さんのようなイメージが安心できる、などの選び方も、一つの基準となりえます。


「会社設立するには」記事メニュー

「行政書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析