投資家の人は必見!配当課税とは

投資家の人は必見!配当課税とは

配当課税とは株式の売買に伴う配当金に課せられる税金のことです。配当課税は少額配当では20%の源泉徴収がされます。個人の株式による配当金に関しては1つの銘柄につき、年間10万円以下の場合は少額配当と見なされます。またこの場合には確定申告は免除されています。この場合の課税は配当を受け取る際に20%が源泉徴収されます。
従って手取金は配当の80%と言うことになります。少額配当での納税は以上で完了となります。

次に1銘柄あたりの配当が10万円以上50万円未満の場合では、分離課税と総合課税のいずれかから選べるようになっています。ただし1銘柄の配当金が50万円以上である場合には必ず総合課税の適用となります。さて、では配当課税が10万円以上50万円未満の場合では課税方法によってどう違ってくるのでしょうか。
両者のメリットについて見てみましょう。

●配当課税が分離課税の場合
配当課税が分離課税の場合は源泉分離課税となり、申告納税に比べた場合に捕捉することが比較的容易となります。また徴税の費用が低く、簡潔でなおかつ効率面の上でも優れていると言えるでしょう。

●配当課税が総合課税の場合
一方の総合課税の場合では所得に応じて税負担が決まるため、大変分かりやすく、客観的なルールであると言えるでしょう。しかし総合課税では個人の利子や配当所得の把握が難しく、実施の際には納税者番号制などを必要とするため徴税費用が大きくかかってくる点などのデメリットもあります。


「配当課税を詳しく知る」記事メニュー

QLOOKアクセス解析