配偶者控除の詳細をしっかり理解しよう

配偶者控除の詳細をしっかり理解しよう

結婚して配偶者をお持ちの方には配偶者控除という言葉をよく耳にしますよね?控除を受けている人が多いと思いますがここで配偶者控除について勉強し直してみましょう。

配偶者控除とは納税者と生計を共にする配偶者に年間38万円以上の所得が無い場合に一定の金額を所得金額から控除することができると言う内容で、これを配偶者控除と言います。

配偶者控除は控除の対象となる配偶者の年齢または特別障害者であるかどうかにより控除される金額が変わります。まず、一般の控除対象配偶者が同居特別障害者である場合は73万円、そうでない場合は38万円の控除となります。

次に、老人控除対象配偶者(12月31日の時点で満70歳以上)で同居特別障害者である場合は83万円、そうでない場合は48万円の控除となります。また配偶者が障害者の場合は配偶者控除の他に障害者控除27万円が控除されます。この際、特別障害者であれば40万円となります。

さて配偶者控除とは別に配偶者特別控除もあります。
これは配偶者の所得が38円以上であるが76万円未満である場合に適用となります。最高額の配偶者特別控除は38万円ですがこの金額は配偶者の所得が増えると少なくなっていきます。

「103万円の壁」という言葉を前回ご説明しましたが、この配偶者特別控除に関していえば76万円+給与所得控除額65万円=141万円となり、これは「141万円の壁」と呼ばれます。
なお、納税者の所得が1000万円を超える場合には配偶者控除は利用できません。また生計を共にしていてもその人が内縁関係である場合には配偶者控除は受けられません。


「所得と控除について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析