2種類の譲渡所得にご注意を

2種類の譲渡所得にご注意を

譲渡所得とは土地や建物などの不動産を売却したことによって生じる所得のことです。譲渡所得には他の所得と分離して所得税と住民税が課せられることになります。(これを分離課税と言います。)ただし譲渡の結果、損益(マイナス)が出た場合は課税されません。

譲渡所得は譲渡した資産の保有期間によって「長期譲渡所得」と「短期譲渡所得」に分けられます。
長期譲渡所得とは、保有期間が5年を超える不動産を売却した際に得た所得です。15%の税率です。5年以内の保有であれば短期譲渡所得です。こちらは30%の税率となります。短期譲渡所得は長期譲渡所得に比べて税率が高く設定されています。これには投機目的の売買を防ぐ目的がありますが、税率のみならず特別控除の取り扱いも異なってきますのでくれぐれも注意する必要があります。

なお譲渡所得の算出式は以下のようになっています。
譲渡所得=譲渡収入金額−(取得費+譲渡費用)

譲渡収入金額とは不動産の譲渡代金のことであり、取得費とは以下の1.2.のうち大きい方の額を言います。
1.土地建物の購入代金かと取得に要した費用を合計した額から建物の減価償却費を引いた額(実額法)
2.譲渡収入金額×5%(概算法)
譲渡費用とは売却するために直接かかった費用のことです。

また居住用の財産の買い換えなどの場合の譲渡損失の繰越控除を受ける場合を除き、土地建物などの譲渡所得と他の所得との損益通算はできません、ご注意下さい。


「所得と控除について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析