基礎控除と103万円の壁とは?

基礎控除と103万円の壁とは?

「103万円の壁」と言う言葉を聞いたことがありませんか?
パートやアルバイトを長年やっているような方はあるいはピンと来るかも知れません。これは基礎控除と関係の深い言葉なのです。

基礎控除とは所得税を納めている申告者すべてを対象として、一律の金額を所得金額から控除する、差し引くことができる所得控除のことを言います。
また相続税や贈与税についても基礎控除は適用されます。

実際の基礎控除の額は、
  ・所得税:一律38万円
  ・住民税:一律33万円
となります。所得控除には様々な種類があり、それぞれ適応に関しては満たすべき条件がありますが、この基礎控除では納税者はすべて一律にこの控除を受けられることになっています。

さて最初にお話しした基礎控除と「103万円の壁」に戻りましょう。
ご夫婦でご主人がサラリーマン、奥さんがパートで働いているといったようなケースに良く使われます。この場合奥さんの収入が年収103万円を超えてしまうと、給与所得控除の最低額65万円+基礎控除の38万円=103万円以上ということで、
  ・奥さんも所得税を払わなくてはならない
  ・ご主人が所得税と住民税の配偶者控除が受けられなくなる
ということになってしまいます。

そのためパートなどでは年間収入が103万円を超えない範囲にする、というのが「103万円の壁」の意味です。またこれ以外でも「130万円の壁」というものもあります。

これは奥さんの収入が基礎控除などの130万円を超えると今度は奥さん自身が国民年金、国民健康保険の両方を払わなくてはならなくなるというものです。
こうなるとちょっとつらいかも知れませんね。

基礎控除だけではないですが、控除には一定の額が決められています。そのラインを超えるか超えないかで実際の収入に影響が出ることがあるのです。
そうならないためにもここでは基礎控除の額をしっかり頭に入れておきましょう。


「所得と控除について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析