所得と収入の違いがわかりますか?

所得と収入の違いがわかりますか?

所得と収入、どちらも一見同じような意味で使われることがありますが実はずいぶん違います。基本的な言葉としてしっかり把握しておきましょう。

まず収入とは一定期間に得られた経済活動や権利に対して得られた総額です。年単位の場合ですと年収ということになります。
一方所得とは収入から、その収入を得るために使われた必要経費を差し引いた額です。つまり、収入−必要経費=所得 となります。所得は個人で言う「手取り」、法人で言う「粗利」とは違うものです。

サラリーマンの場合では明確な必要経費を算出することが困難なため給与所得控除として仮の必要経費を差し引くことになります。またこの後、所得から各種控除、基礎控除や、社会保険控除、扶養控除などを引き残ったものが課税所得となります。この課税所得が算出されて初めて税率をかけて税額が出ます。

給与所得者について見ると給与、俸給、賞与などから給与所得控除額を引いたものが給与所得とされています。給与所得控除は言わば給与所得者の必要経費ですが、実際に給与を得るのに必要な経費に比べた場合でははるかに控除額が大きくなると言われています。

退職金などについては、勤務年数や手当額に応じ得て決まる退職者控除を引き、その残額の2分の1が退職所得とされるなど、収入から必要経費を差し引いたものが所得になっていないものもあります。 さてこうした収入や所得を分かりやすく理解するための次のような言葉があります。

●収入:どれだけ稼いだか?
●経費:その収入を得るのにいくら使った?
●所得;結局いくら儲かった?
●税金;どれだけ持ってかれる?
●余裕:最終的に残るのはどれだけだ?


「所得と控除について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析