一時所得の課税額の算出法

一時所得の課税額の算出法

一時所得という言葉は以外と耳にすることが多いと思います。確定申告の場合などにも必ずチェックする項目です。 その概要は「営利を目的とする継続的な行為から生じて得た所得以外の一時的な所得であり、役務や労務、住宅などの譲渡の対価ではない所得のこと」ですが、ちょっと分かりませんね。
ここは例を挙げて説明すれば簡単に理解できます。一時所得と見なされるものとしては、

 ●懸賞や福引きなどの賞金・商品。
 ●競馬・競艇・オートレースなど公営競技の払戻金。
 ●生命保険金の一時金。損害保険などの満期返戻金。
 ●法人から贈与された金品。
 ●遺失物拾得物や埋蔵物発見による報労金。

どうですか?理解できましたね。さて今度は課税額の計算の例です。
まず先に計算方式は、
収入金額−収入を得るのに使った費用−特別控除(最高50万円)=一時所得
この一時所得の1/2が課税所得となり他の所得と合算して税額を求める。

さて、Aさんが競馬で20000円使って馬券を購入し、そのうちの8000円分が的中して100万円の払い戻しがあったとします。ちなみにAさんの年収が600万円だとすると上の式に当てはめると、
1000000−8000−500000=492000円
これが一時所得の額でこの半分246000円が年収の600万円と合算して課税額が決定されます。 収入の半額にだけ課税されるので税負担としてはやや緩めに設定されていると言えます。

ちなみに宝くじの当選金は非課税です。3億当ればまるまるあなたのものです。またノーベル賞の賞金も非課税です。どちらの一時所得もあまり縁はありませんが。


「所得と控除について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析