事業譲渡と合併の違い

事業譲渡と合併の違い

会社の合併にはどのような種類があり、またそれらは事業譲渡とはどのように違いがあるのでしょうか?
まず合併には「吸収合併」と「新設合併」とがあります。

●吸収合併とは
実際の合併のほとんどはこの吸収合併です。合併によって消滅する側の会社の権利や義務のすべてを吸収する側(存続する側)の会社が承継します。コストの面でも後述する新設合併に比較して安価に抑えることが可能なため、最近盛んに行われる経営統合などではこの方法による合併が良く選ばれます。

●新設合併
2社以上の会社が合併する際に、合併によって消滅する側の会社の権利や義務のすべてを合併によって新たに設立される会社が承継します。

では以上をふまえた上で事業譲渡との違いを見てみます。

●財産の移転
財産については合併では包括的に移転されますが、事業譲渡の場合は個々の財産別に個別に移転が必要となってきます。

●財産の除外
合併では一部の財産を特定して移転材料から外すことはできません。一方事業譲渡では事業の同一性を保持した上での一部の財産の除外は認められます。

●譲渡の対価
合併では消滅する側の会社の対価としては、存続会社や新設会社の株式として消滅する会社の株主に割り当てることになります。事業譲渡では譲渡された財産の対価はあくまでも譲渡財産に帰属することとなります。

●株主の地位
合併では消滅する側の会社の株主は原則的に存続会社や新設会社の株主となります。事業譲渡の場合では株主の地位の変更は生じません。


「知りたい事業譲渡の知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析