事業譲渡の目的とは?

事業譲渡の目的とは?

事業譲渡とは会社の事業部門だけや、工場、店舗、営業エリアなどの会社資産の一部 、あるいはその全部を譲渡する方法です。中小企業のM&Aに限って言えば、株式譲渡に次いでポピュラーな方法として良く利用されます。ちなみに事業譲渡とは会社法によって以前の営業と言う言葉が事業に統一されたもので以前の「営業譲渡」と同じものにあたります。

事業譲渡は様々な目的で使われますが大きな理由の一つとしては経営の効率化があげられます。
これは例えば、売り手側の会社としては採算の取れない事業を売却することで特定の事業から撤退したり、あるいは中心の柱となる事業に専念することができます。また当然のことながら譲渡代金を利用して中心事業を強化したりテコ入れすることができます。

一方、買い手側のメリットとしては、事業用の資産や人材、技術、営業エリアなどを瞬時に手に入れることができ、事業規模を比較的簡単に拡張したり、新規事業へ参入しやすくなります。

このように事業譲渡には当事者間の話し合いにより譲渡対象の範囲を自由に決められるため、特に買い手側に取っては欲しい部分のみを手に入れることが可能となります。
しかも資産や負債を個別に譲渡できるということは簿外債務や偶発債務などといったリスクを避けることも可能となり、かなり「いいとこ取り」ができることになります。

ただし権利や義務などがすべて移転されるわけではないので、買い手側は取引先との契約、従業員たちの雇用に関する事務、不動産の登記などはすべてやり直すこととなります。


「知りたい事業譲渡の知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析