簡易事業譲渡ってなに?

簡易事業譲渡ってなに?

簡易事業譲渡とは簡易組織再編行為と呼ばれる手続きの一つです。簡易組織再編行為とは法人が組織変更や企業組織再編を行う場合に、規模が比較的小規模な物である場合には会社法の規定に従った上で本来必要とされる手続きを簡略化して行うことを言います。

主な物としては簡易合併、簡易吸収分割、簡易新設分割、簡易株式交換、簡易事業譲渡、簡易事業譲受などがあります。

通常は会社の組織再編とは会社の組織などを変更することであるので、双方の会社における株主総会の特別決議や債権者保護手続が必要となりますが、大規模な譲受会社がかなり小規模の譲渡会社との間で事業の譲受を行う場合に関しては、こうした手続きを省略できることとなっています。
具体的には、

●事業譲受会社にとっての簡易事業譲受では

・相手側企業が事業譲渡などをする株式会社の特別支配会社などであるような場合。
・事業の全部の対価として交付することになる財産の帳簿価額の合計の額が、事業譲受会社の純資産額の5分の1(20%)を超えないような場合。
(5分の1の比率は定款で下回る基準を定めることができる、と言うことになっています。)

●事業譲渡会社にとっての簡易事業譲渡では

事業譲渡により譲渡することになる資産の帳簿価額が、譲渡株式会社の5分の1
(20%)を超えない場合。
同じく(5分の1の比率は定款で下回る基準を定めることができる、と言うことになっています。)
つまり事業譲渡の簡易版と言うことになりますね。


「知りたい事業譲渡の知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析