合同会社設立の基本的な知識

合同会社設立の基本的な知識

2006年の会社法の施行によって、それまでの有限会社がなくなり新たに合同会社が誕生しました。
合同会社とはどのような形態の会社でどのような特徴を持っているのでしょうか。また株式会社との違いは何でしょう。ここでは株式会社の設立と比較しながら合同会社設立の特徴を見てみましょう。

株式会社では出資者を募って資金を調達します。その資金を元にビジネスを展開するいわば「モノ」を中心とした組織です。一方合同会社では大きな資本は必要なく、人の能力や技術を資産として活用します。
いわば「ヒト」中心のビジネス展開となるわけです。

その他具体的な合同会社の特徴は

●会社の所有と経営が一致している
合同会社は会社法における持分会社の一つであり、社員はすべて有限責任です。社員は株式会社における社員とは異なり意思決定機関と業務執行とが一致していることが大きな特徴の一つです。

●監視機関が不要
株式会社の設立において必要となる監視機関が合同会社の設立においては不要となります。
そのため法人格を有するにもかかわらず迅速で柔軟な意思決定が可能となります。

●設立費用が安価
設立に関する費用の点では株式会社にくらべてはるかに安価に設立可能です。
実際の費用としては約60000円からとなります。

●定款
株式会社では定款の認証が義務づけられていますが、合同会社の設立においては不要です。
ただし事項の説明のように必要に応じて定款を設けることも可能です。

●利益の配分
株式会社では会社の利益は株主の出資比率に応じますが、合同会社では定款で自由に設定できます。


「会社設立に必要な知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析