合資会社の設立のメリットとは?

合資会社の設立のメリットとは?

合同会社と同じく、会社法においては持分会社の一種です。
合資会社の大きな特徴の一つは最低一人の無限責任社員とこちらも最低一人の有限責任社員とで組織される点です。

合資会社の設立も株式会社とは違い、設立時に定款の認証は不要で、取締役や監査役を置く必要もありません。登記に必要となる書類も株式会社に比べれば少なくて済みます。
設立費用は合同会社と同様で約60000円程度となります。

合資会社では経営業務の執行は主として経営者つまり無限責任社員が行います。取締役会や株主総会の開催は必用ありません。
他の合資会社のメリットとしては、

●小さな会社設立に向いている
合資会社の設立は非常に簡易でしかも費用も少なくて済みます。
運用も簡単なので、家族企業やベンチャー企業、SOHOなどにぴったりです。

●社会的信用を獲得できる
合資会社はれっきとした法人格です。企業によっては個人事業などとは取引しないケースも多いのですが、合資会社ではそのような懸念もありません。また融資の面でも同様に有利になります。

●課税面での利点
個人事業では課税に関しては累進課税となり、利益が出れば出るほど納めるべき税金は膨れ上がります。こういった場合、合資会社を設立すればかなりの節税効果が期待できます。

●経費の扱い
合資会社は個人事業に比べて税務署によって必要経費として認められる範囲が格段に広くなります。

●政府の管掌する保険への加入
これは法人である合資会社のメリットの中でも最大のものの一つと言えるかも知れません。


「会社設立に必要な知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析