自力で株式会社設立できるの?

自力で株式会社設立できるの?

株式会社の設立は、2006年の会社法の施行によって格段に容易に行えるようになりました。

それまでの会社設立と言えば司法書士などに諸手続きを依頼するのが一般的でしたが、最近では費用を抑えるために発起人が自分一人で会社を設立するようなケースも多く見られます。
一人で会社を設立することについては、費用は最小限で済みますが、揃えるべき書類や申請書などは多岐に渡り、また各書類には提出に期限が設けられているものもあります。

すべてをこなすにはかなりの時間と労力が必要となりますので、あらかじめ司法書士などに依頼するのか、あくまでも自分一人でやれるのか見極めておく必要があります。

また会社を設立する際、以前では有限会社で300万円、株式会社では1000万円の資本金を用意する必要がありましたが、会社法による最低資本金制度の撤廃以後は理論上1円の資本金からでも株式会社を設立することが可能となりました。

また会社法の改正で取締役や監査役についても必ずしも設置する必要がないため、現在は株式会社設立のハードルが低くなっていると言えます。

また個人事業から株式会社に法人化する(これを法人成りと言います)ことも積極的に行われています。
これは個人事業でも一定以上の売上がある場合には株式会社として法人化した方が税務や費用などの面で多くのメリットが期待できるためです。個人事業が株式会社設立する際には年間の売上額が800〜1000万円程度あるかどうかが目安になると言われます。


「会社設立に必要な知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析