会社設立と電子定款のメリットと注意点

会社設立と電子定款のメリットと注意点

定款の作成と言えば以前は紙で作成したものを公証人役場に提出して認証を受けると言うのが原則でしたが、最近では紙ではなくデータ化したものをCD-Rなどに納めたメディアでも認証が受けられます。
2004年から始まったこの制度を電子定款と読んでいます。

ただし電子定款とは言ってもすべてが会社や自宅内で完了できるものではありません。電子定款といえども最終的には公証人役場に出向いて認証を受ける必要があります。
つまり内容的にはまったく同じ物を紙からCD-Rなどにデータとして移し替えたと言うだけのことです。

通常の定款の認証には発起人や代理人の署名と押印が欠かせませんが、電子定款はデータですので署名をすることはできません。そのため電子定款では押印や署名に変わるものとして、電子署名と言うものを使用します。この電子署名はあらかじめJCSIで取得しておく必要があります。

電子定款のメリットは、紙を使わないので印紙代がかからないことです。通常定款を認証してもらう際には4万円の印紙を用意する必要があります。電子定款ならただです。
とはいえ電子定款を作成するための電子証明書や署名キットの準備には数万円かかりますので1回だけの定款作成ではあまりうまみはありません。数回に渡って使用する予定があれば別ですが、通常こう言う場合はすでに電子署名の環境の整っている行政書士などに依頼する方が安価にできることの方が多く、また手間もかかりません。


「会社設立に必要な知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析