会社設立と払込証明書の作り方

会社設立と払込証明書の作り方

新しい会社法が施行される以前は会社設立時には金融機関に払込金保管証明書を発行してもらう必要がありましたが、現在ではもっと簡便化され残高証明書で良いと言うことになっています。この残高証明をする際に必要になるものが払込証明書です。

ちなみにこの残高証明とは銀行が発行する残高証明書とは異なりますので注意が必要です。払込証明書の作成は金融機関に依頼する必要もなく自分一人で作成可能です。時間も費用かかりません。

払込証明書の作り方

●資本金を払い込む予定の口座を開設します。名義は発起人の代表者の名義にしなければなりません。この際新規の口座である必要はありませんが、会社のお金と個人のお金を区別する上で新規に開設した方が良いでしょう。

●開設した口座に資本金を払い込みます。払込は振込で行います。これは誰がいつ、いくらを払い込んだかが分かるようにするためです。

●売り込む金額は出資金額に合わせます。

●次に払込証明書を作成します。

払込証明書に記入する項目としては、
・払込があった金額の総額・払込があった株式数
・1株の払込金額
・出資者全員が振込を完了した日以降の日付
・本店の所在地
・設立時の代表取締役の氏名および印鑑(会社代表者印のことです)

以上の払込証明書に先ほどの通帳のコピーを添付し、左端をホチキスで綴じます。コピーすべき通帳のページは表紙、1ページ目、振込の内容がわかるページで、各ページに会社代表者印を契印します。


「会社設立に必要な知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析