会社設立の助成金って何?

会社設立の助成金って何?

会社所得に関連した助成金についてはほとんど詳しく知らない人も多く、また知っていてもハードルの高い制度だと勝手に決めつけてせっかくのチャンスをみすみす無駄にするケースも見られます。
起業を志す人は必ず前もって検討しておいても決して損することはありません。

会社設立の際に役立つ助成金には種類も様々なものがあります。これらの魅力を一言で言うと、

●助成金は返却する必要が無い。
●助成金によってはかなり高額が支給される場合がある。
と言ったあたりになります。

厚生労働省管轄の助成金は雇用三事業と呼ばれる分野で運営されています。
雇用保険三事業とは労働保険に加入している企業が支払う労働保険料によって成り立っており、助成金の財源としても使われているのです。企業側から見れば雇用の安定のために積み立てた資金を助成金と言うかたちで返還してもらうようなものです。利用しない手はありません。

主な助成金について見てみましょう。

●受給資格者創業支援助成金
雇用保険の受給資格を持つ人が創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業主となった際に創業費用が助成されると言うものです。受給資格者としての算定基礎期間が5年以上あること。まだ事業を始めていないこと。適法な事業であること。などが受給の資格となります。

●介護基盤人材確保助成金
介護サービスなどを創業しようとする場合に社会福祉士や介護福祉士などの業務を行う人を雇用した場合に受けることができる助成金です。雇い入れた人材1人につき70万円が支給されます。


「会社設立に必要な知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析