会社設立で定款に記載する事項とは?

会社設立で定款に記載する事項とは?

定款は会社運営上の様々なルールを記載したもので、いわば会社の憲法とも言えるものです。
会社の設立における最も重要な書類の一つです。

定款で定められ、認証を受けた内容は法的な効力を持つようになりますので作成にあたっては慎重さが要求されます。定款の作成は発起人全員で行わなければなりません。また全員の署名・押印が必要です。
いったん認証された定款の内容は変更できません。定款に盛るべき項目は法的効力の程度の違いから「絶対的記載事項」「相対的記載事項」「任意的記載事項」の3種類に分けられています。

●絶対的記載事項

定款に必ず盛り込むべき基本事項です。1項目でも欠けている場合にはその定款は法的効力を失います。

・会社の目的
・会社の商号
・会社の本店所在地
・会社設立に際して出資される財産の価値と最低額
・発起人の氏名または名称および住所

●相対的記載事項

相対的記載事項とは記載されなくても定款自体の法的効力には影響はありませんが、定款で定めておかない場合には法的効力を生じないもの。
有価証券や不動産による現物出資の際や株式の内容に関する取り決めなどが含まれます。

●任意的記載事項

任意に記載できる項目です。記載の有る無しは定款の法的効力には影響ありませんし、その項目そのものにも法的効力はありません。

なお、定款作成の際に欠き間違いや欠き直しを必要とる場合は、厳密なルールがあります。訂正箇所は二重線で消し、上に正しい文字を記入します。


「会社設立に必要な知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析