会社設立と役員の関係を把握する

会社設立と役員の関係を把握する

会社の役員とは会社内での経営に携わる人のことです。
新しく会社を設立する際に取締役や監査役などの役員を選定します。会社の役員にはその他にも、代表取締役、会計参与、社長、専務、常務、執行役員、CEOなどたくさんの種類があります。

「以前の法律では株式会社の場合ですと取締役3名以上、監査役1名以上を設置することが定められていましたが会社法の施行以後は、取締役が1名いれば株式会社の設立が可能となりました。
株式会社の設立が格段に容易になったのです。

役員の任期についても会社法の施行以前と以後では大きく変化しています。以前は原則として、取締役2年、監査役4年でしたが、法改正後では取締役、監査役とも10年まで延長できるようになっています。

役員の報酬については役員報酬と呼ばれており、事業年度の途中で金額を変更することは認められていません。役員報酬に関しては税務上の扱いが少々複雑になります。会社設立の当初はあまり役員を置かないようにしておく方が無難かもしれません。

さて役員のうちどこの会社であっても置かなければならないのは、取締役会を持たない株式会社の場合では取締役だけです、取締役のうち、代表権を持つ人が代表取締役となります。
実は代表取締役は1名と決まっているわけではありません。複数いても構わないのです。しかし事実上運営が複雑になることを避けて、代表取締役を1人だけにしているところが圧倒的に多くなっています。


「会社設立に必要な知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析