企業の赤字、繰越欠損金とは?

企業の赤字、繰越欠損金とは?

欠損金とは税務上の赤字のことを指す税法上の言葉です。
税務会計上では、ある企業が特定の期に欠損金を出した場合、その欠損金を次期以降に繰り越すことができます。繰り越された欠損金は翌期以降の税務所得と通算することができます。この繰り越された欠損金が繰越欠損金です。

会社は利益に対して課税されますから、赤字(欠損金)の年には課税されません。特に創業期などには赤字が続くものです。やっと黒字になったとたんに課税されても困りますね。そのため法人税の計算においては、会社の赤字は7年間に渡って繰り越すことができるようになっています。
例を用いて説明しましょう。

ある企業が業績不振で3000万円の欠損金を出したとします。欠損金は7年間は繰り越すことができますから次の年に2000万円の利益を出したとしても、2000万円−3000万円=マイナス1000万円で、所得金額がマイナスとなるため法人税はゼロ、納める必要はありません。
さてではその次の年に、やはり2000万円の利益を出したとしたら、2000万円−1000万(繰越欠損金)=1000万円となり所得金額はプラス1000万円となり、法人税はこの1000万円に対して課税されます。

ここで注意したいのは、繰越欠損金は7年間に渡って繰り越すことができますが1年経っても欠損金が解消されず、先の例で言えば次の年にも3000万円の欠損金が出たりすると、3000万円+3000万円=6000万円となり、このような状態が続くと繰越損失の総額が資本金や法定準備金の合計を上回ってしまい、いわゆる「債務超過」に陥ってしまうことです。
いったん債務超過に陥ると株の価値はゼロ以下となり、企業の存続が危ぶまれる状況となってしまいます。


「決算処理項目の概要」記事メニュー

QLOOKアクセス解析