税金の種類について

税金の種類について

ひとくちに税金と言ってもさまざまな種類があります。はじめに身近な税金について考えてみましょう。
いちばん身近と言うと消費税でしょうか。文字どおり消費(売買)するときに徴収されますからほぼ毎日納めています。現在の税率は5%ですが、税率を上げるなどと話題になることが多いですよね。
消費税の持つ問題とはどんなことがあるのでしょう。

そして、サラリーマンの人の場合に給与明細の中によく登場するのが、所得税、住民税ともなる市県民税、などがあります。
また、源泉所得税や源泉徴収という言葉もよく聞きますよね。それらの定義としくみについても解説していきます。

さらに会社を経営したり個人で事業をしている人たちには、法人税や事業税などがありますが、その違いって知っていますか?
ちょっと考えただけでもいろいろな税金が出てきます。それだけ税金と言うのは社会生活の中で多岐にわたり存在しているのですね。
私たちはこれからも税金は納めていくわけですから、それぞれの税金のしくみや特徴を知っておいて損をすることはないと思います。

納税は国民の義務ですから納めなければなりません。しかし、自分がどのような税金を納めているかを具体的に知っている人は少ないと思います。
名前は聞いたことがあるけど詳しく知らないことが多い税金の世界。ここでは一般的にどのような税金の種類があり、それがどういった趣旨の税金なのか、またその金額はどのように算出されるかを詳しく説明していきます。

その中には、今まで知らなかったことがあるかもしれませんよ。


「税金の種類について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析