公認会計士について

公認会計士について

公認会計士(JPCPA)とは、ひとことで言えば会計と監査のプロフェッショナルです。
主な業務には会計監査、税務、コンサルティングがあげられます。さらに、公認会計士には無試験で税理士と行政書士の資格を与えられており、各団体に登録をすればそれぞれの業務を行うことができます。また司法書士と社会保険労務士の一部の業務も行えます。

したがって、公認会計士の活躍するフィールドはとても広いです。個人だとあまり関係する機会は少ないかもしれませんが、大手企業やグローバルな世界で活躍している人が多数おり、花形な資格と言えるかもしれません。

公認会計士の試験は難関であることもさることながら、業務補助等の期間を2年以上と実務補修の修了が要件とされています。近年、試験には合格しても業務補助に従事できない未就職者がいて問題視されています。実際に公認会計士として開業するまでの道のりは長いと言えますが、それだけ高い知識と専門性、さらには実務能力が必要とされているのです。

そしてさらなるステップアップとして、米国公認会計士(CPA)の資格を取得する人もいます。主にはグローバルな展開をする企業や外資系企業、合併や再編などで米国の会計基準を使用する場合において需要があるとされています。意識の高い学生などからは目標とされている資格と言えるかもしれません。その米国公認会計士とはどのような資格なのか知っておきましょう。

ここでは、士業のなかでも司法試験と並んで難関とされている公認会計士について詳しく見ていきたいと思います。


「公認会計士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析