米国公認会計士は転職も有利?

米国公認会計士は転職も有利?

米国公認会計士は、米国の資格です。アメリカだけではなく、財務と会計のスペシャリストとして広く世界的に認知されており、ビジネスのフィールドを大きく広げることに対してはとても適している資格といえます。

この資格を持っているだけで、明確なスキルの証明となりますので、多くの人が外資系企業や会計事務所、そして監査法人やコンサルティングファームなどの業種に転職を成功させていることから、世界的に有効な資格だといるのはないでしょうか。

また、米国公認会計士 の資格を取得するために、必要な学習時間は1000時間程度とされており、別の仕事をしながらでも資格を取得することが可能になります。例えば、1日に3時間の勉強をすると仮定することで、1年間で換算すると1000時間以上の勉強をしたことになります。しかし、1年間で1000時間以上勉強したところで、その時間はあくまでも目安であり、それが受験の合格に結びつくとは限りません。

このことから、日本の公認会計士に比べれば、はるかに取得しやすい資格だといえることから、仕事をしながら勉強をして、転職をすることが可能になるのです。

日本では独占業務がありますが、アメリカの米国公認会計士にはそれがありません。実務経験が必要とされることもありますが、就職活動では非常に有利な資格といえます。可能な転職先として外資系企業での財務系、FAS系などのコンサルティングファームなどが挙げられます。


「関心が高まる米国公認会計士」記事メニュー

「公認会計士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析