公認会計士試験の論文について

公認会計士試験の論文について

公認会計士試験 の論文のテーマは多くあります。まず企業や官庁などの一定の経済主体が行う会計学の論文として、財務会計論や管理会計論があります。財務会計論にも簿記や財務諸表論、企業等の外部の利害関係者が持つ、役に立つ経済的意思決定の情報を提供する会計の理論等があります。

そして、管理会計論は、会計の理論として、企業に役に立つ情報を提供を目的とした経営者の意思決定や業績管理となります。他にも監査論として証券市場において有価証券の発行や売買、またその他の取引について定められている法律である、金融商品取引法などの法律に基づいた監査制度や監査諸基準やその他の監査理論がテーマとなっています。

そして、企業法として会社法や商法、また監査を受けるべきこととされている組合やその他の組織に関する法などをテーマにします。税金に関する法に関しては、法人税法や所得税法などや、消費税法、相続税法など、その他の税法を論じます。

公認会計士試験の論文の中には予め受験者が選択することが可能なテーマがあり、4つのテーマから選ぶことが出来ます。

1つ目は経営管理や財務管理の基礎的理論として経営学、次にミクロ経済学やマクロ経済学などの経済理論をテーマにした経済学、そして民法やそれに関連する特別法を含んだ民法、最後に記述統計や推測統計、金融工学の基礎的理論をテーマにした統計学があり、この中から自分が最も得意とする分野から公認会計士試験の論文を選択することが出来ます。


「公認会計士試験について」記事メニュー

「公認会計士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析