公認会計士で独立を目指す

公認会計士で独立を目指す

公認会計士という業種は、企業の財務諸表を調査したり、それを証明するといった独占業務を担う職業であり、監査や税務業務なども扱うため、独立して企業のコンサルタントとしても活動をしている方も多くいます。

司法書士試験などと同じように、この資格を取得するためには自分で勉強をすることは当たり前のことですが、講座を受けることで知識を身につけることも必須といえます。講座を受ける場合、通信講座で各学校が提示する受講料は50万〜70万円程度の費用が発生しますが、将来の公認会計士としての独立開業をするためにとても役立ちます。

しかし、そのためには協会からの認定が必要不可欠で、実務補修所の必要単位を取得し業務補助の期間が2年以上経過して修了考査を合格しなければいけません。ここで認定されて初めて公認会計士の独立が可能となりますが、開業登録手数料として、約1万円を支払うことになります。

資格を取得して、すぐには開業というわけにはいきませんが、その狭き門のため学ぶべき事項が多い職業ともいえ、開業まで辿り着けなかったとしても、自分にとってさまざまなスキルアップの要素を取得していますので、他の業種への転職にしても味方となります。

近年にでは、企業の情報開示や会計基準の国際標準化が発展していることから、会計士のやるべき業務は年を追うごとに増えています。開業までの期間や時間は相当要することになりますが、将来の開業への遠回り的な数々の要素は決して遠回りではありません。


「公認会計士の実態」記事メニュー

「公認会計士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析