公認会計士も集客が必要?

公認会計士も集客が必要?

公認会計士として顧客が付かなければ、独立したとしても苦労して習得した資格が発揮されず、またそのキャリアを生かすことができなくなってしまいます。どんな仕事でも同じことが言えますが、顧客があってこそ成り立つ商売ですので、顧客の集客はほとんどの事務所で実施しています。

特に独立した場合は、そこに力を入れなければならない場合があるでしょう。最近のインターネットの普及により、ネット上にホームページを掲載するのは今では当たり前となってきており、更に会計士の紹介サイトなどにも登録しています。

ホームページは、ただ作成すれば良いというものではなく、そのページをネット利用者に見てもらわなければ意味がありません。大手の検索エンジンで「会計士 事務所」などと検索ワードを打ち込み、最初の検索結果のページに出てくるくらいになれば、その公認会計士の事務所の集客は見込めるといえます。

しかし、トップにくるにはそれなりの検索数が必要ですので、そう簡単には実現することはできません。独立して個人でホームページを作るとなると大変です。

また、会計士専門にホームページを作成している会社があり、1日1000件のアクセスを公約している会社もあります。そして、紹介サイトに登録することによって、公認会計士として一覧に登録され、また、地域や条件等の絞込み検索が可能となっていますので、ある程度の集客が見込めます。

紹介サイトは、会計士を探している者と会計士として顧客を探している者の双方が納得できるように作成されているため、信頼できる会計士を求めに、日々多くのアクセスがあることから、顧客を獲得する有力な宣伝方法といえます。


「公認会計士の実態」記事メニュー

「公認会計士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析