申告についての知識

申告についての知識

税金の申告にはどのようなものがあるのでしょうか。
もうすでに毎年申告作業をしている人も大勢いらっしゃると思いますがもう一度どうゆう制度があるかを確認してみましょう。

申告と聞いて思いつくのは、確定申告、青色申告、白色申告ですね。とくに確定申告と青色申告はよく耳にしますがどうゆう制度で、どこが違うかご存じですか?
それから青色申告と白色申告の違い。なんとなくわかっていてもうまく説明できないかもしれませんのでここでしっかり理解してしまいましょう。
それぞれ特徴がありますが一度覚えてしまえばそんなに難しいことはありませんからね。

それから申告に関連する書類について代表的なものというと、試算表、損益計算書、貸借対照表などがあります。ちょっと専門的な感じもしますが、企業の決算書には出てくるので目にしたことがあるかもしれません。
サラリーマンの人にはあまり縁がないかもしれないですが、個人事業や法人を経営している人には必要になってきます。税務や税金のことはわからないから税理士にすべて任すのもよいですが、税金対策も大事な経営手段のひとつですからね。

これからの時代、個人や法人にかかわらず税金対策(節税)を見直す必要があるかもしれません。
経済が右肩上がりで収入が順調に増えていく時代ではないですから。そこで、どのような節税方法があるのもご紹介します。きちんと節税対策をしてできるだけ出費を抑えるのは賢いやり方だと思います。

ここでは申告の種類と申告に関連する書類についてなどを詳しく解説していきます。


「申告についての知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析