よくわかる青色申告のメリット

よくわかる青色申告のメリット

個人事業主やフリーの人は年に1度税務署で確定申告をしなければなりません。この所得税の申告方法には「青色申告」と「白色申告」があります。青色申告と白色申告では記帳方法や特典等で大きな違いがあります。違いを良く理解した上でどちらかを選択することになります。ここでは青色申告について説明します。

まず注意点として青色申告ができるのは不動産所得、事業所得、山林所得のある人です。
また青色申告をする場合はその年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を所轄の税務署に提出しなければなりません。

青色申告に対する記帳義務や主な特典は以下の通り、

・記帳義務 : 青色申告の場合は正規の簿記による帳簿の記帳が求められます。
・決算書の作成 : 損益計算書および貸借対照表
・特典 : 最高で65万円の特別控除が受けられる。
      家族への給与を必要経費にできる。
      減価償却の特例を受けることができる。
      赤字損失分を3年間繰り越しできる。

青色申告の最大のメリットは何と言っても最高65万円もの特別控除が受けられる点です。
必要経費で65万円というとどれほど大きなものであるかわかると思います。
また家族への給与を必要経費にできる項目については、

・事業の専従者であること
・6ヶ月以上の期間従事していること
・事業主と同居している親族、家族で15才以上であること
・給与の額が適正なものであること

などの条件を満たしている必要があります。
青色申告は、正規の帳簿の提出などの義務はあっても見返りの多い方法だと言えるでしょう。


「申告についての知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析