知っておきたい貸借対照表の見方

知っておきたい貸借対照表の見方

貸借対照表はバランスシートという言葉でご存知の方も多いと思います。財務諸表の代表的なものです。一定時点における企業の財政状態を示しています。

貸借対照表は大きく3つの枠に分かれており、左側が「資産」、右上に「負債」、右下は「資本(純資産)」となっています。
資産とは売ることによってお金になるもののこと。商品はもちろん備品や自動車なども資産です。

負債は借金、資本(純資産)とは商売の元手となるもののことです。 貸借対照表では左側の合計と右側の合計が必ず一致しなければなりません。負債や資本(純資産)はお金の出所であり、資産はそれをどう使ったかと言うことになりますから一致することが当たり前なのです。

いくつか実際に項目を拾って説明します。

・ 流動資産
流動資産とは1年以内に現金化される予定の資産です。これには現金、有価証券などの当座資産と商品などの棚卸資産が含まれます。棚卸資産は劣化や陳腐化により資金化が不可能な場合もあります。

・ 固定資産
長期に渡って使用することができる資産です。固定資産はさらに有形固定資産と無形固定資産などに分けられます。建物や自動車などは有形固定資産、特許権などは無形固定資産となります。

・ 繰延資産
本来は損益計算上で費用として処理すべきものですが効果が長期に渡るような場合となります。

・ 流動負債
買入債務など1年以内に返済すべき負債です。

・ 固定負債
1年以上に渡り支払い義務がある負債です。長期借入金、引当金、社債などです。


「申告についての知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析