法人決算に必要な業務内容とは?

法人決算に必要な業務内容とは?

経理の仕事というのはなんとなく想像がつくと思いますが、会社(法人)の日常の経済活動を記録する仕事です。どのくらいの売り上げがあったか、仕入れの額は?その他お金の出入りに関する様々なことを経理では記録しなければなりません。
そして最終的に企業(法人)の儲けがいくらであるのか、企業(法人)の財政が良好であるか等について外部に発表します。この時外部に発表されるのが決算書であり、この決算書を作る作業が「決算」なのです。

企業(法人)では年に1回特定の日に年間の売り上げや利益を算定します。この日が「決算日」、経理の仕事はこの決算日に向けて日々の仕事を行なっていると言えるでしょう。決算日から2ヶ月間は経理の最も忙しくなる期間です。様々な業務をこの2ヶ月の間に済ませなくてはならないからです。
その業務とは、

・ 会計期間内のすべての取引を帳簿に反映させる。
・ 利益を計算すると共に、財務諸表を作成する。
・ 財務諸表を株主総会に提出、経営成績や財政状態を説明し、承認を受ける。
・ 財務諸表に基づき税金の計算および申請書を作成する。
・ 申請書を税務署に提出し、納税する。

2ヶ月間と聞くと長いようですが、これら業務を全てこなすには時間はいくらあっても足りないくらいです。
また以上は年に1度の本決算ですが、実際には会社は毎月、月次決算を行います。こちらは外部に発表するものではありませんが、会社の経営者に取っては年に1度の報告では経営の実態を把握できませんから、的確な経営判断を下すために月に1度簡易な決算をするわけです。


「申告についての知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析