損益計算書の内容を理解しよう

損益計算書の内容を理解しよう

貸借対照表と同時に作成される財務諸表のひとつで「P/L」と略記されるのがこの損益計算書のことです。企業の収益と費用の状態を表し、複式簿記という方法で作成されます。

これにより企業の期間ごとの経営成績(どれだけもうけたか)が分かります。この他にも稼ぐためにかかった費用やその稼ぎが本業によるものか副業によるものか、なども分かります。
では実際の損益計算書はどのような項目からなっているのでしょうか。

・ 売上高
会社における業務で上げた商品やサービスのすべての収入の合計です。売上高の大きさは会社の規模を表します。営業収益と呼ばれています。

・ 売上原価
原価費用のトータルです。

・ 売上総利益
売上高から売上原価を引いたおおまかな利益のことで、粗利益と言われます。

・ 販売費および一般管理費
営業活動に必要となる費用のことです。給料や広告費用、通信費などが含まれます。

・ 営業利益
売上総利益から販売費や管理費などの経費を差し引いた額で本業での利益と言えばこれになります。

・ 営業外収支
利息、配当金などによる利益です。

・ 営業外費用
支払利息などです。

・ 経常利益
本業での利益に本業に付随する配当や利息などの本業以外の収支を加減したものです。

・ 特別利益
営業とは関係のない利益です。

・ 税金等調整前当期純利益
税金を引く前の利益のことです。

・ 法人税、住民税、事業税
会社にかかる税金です。

・ 当期純利益
税引き前当期利益から税金を差し引いた残りです。いわゆる純利益のことです。

以上が損益計算書の項目の一覧です。


「申告についての知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析