あなたは確定申告が必要な人に該当してませんか?

あなたは確定申告が必要な人に該当してませんか?

所得税の確定申告とは、個人の1月1日から12月31日までの1年間の所得の金額を算定し、それに応じた税金の金額を算定して確定申告書を作成し、税務署に提出することです。
通常の会社勤務のサラリーマンは会社側が年末調整を行ってくれますので、確定申告を行う必要はありませんが、以下にあげる人は申告が必要です。

・ 給与による年間の所得が2000万円を超える人。
・ 給与を1カ所から受けていて、しかも給与所得・退職所得の合計が20万円以上の人。
・ 給与を2カ所以上から受けていて、年末調整されなかった給与所得および給与所得・退職所得の合計が20万円以上の人。
・ 同族会社の役員またはその親族で、その同族会社から給与の他に貸付金の利子や店舗などの賃貸料の支払いを受けている人。
・ 災害免除法により給与について源泉徴収税額の猶予や還付を受けている人。
・ 給与の支払いを受ける際に源泉徴収されないことになっている人。(在日の外国公館に勤務している人および家事使用人など)

また確定申告をすることで払いすぎた税金の還付を受けられる人がいます。主な場合は以下の通り。
・ 医療費控除・雑損控除・寄付金控除・住宅借入金特別控除(年末調整で控除を受けていない場合)
・政党等寄付金特別控除・住宅耐震改修特別控除・電子証明書等特別控除 ほか

申請書の提出方法は、
・郵便や信書便での郵送
・所轄税務署の窓口に提出
・e-Tax(インターネット)による申告
などの方法から選べます。


「申告についての知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析