白色申告はとっても簡単!?

白色申告はとっても簡単!?

青色申告の場合では先立って所轄税務署に「青色申告承認申請書」を提出しなければなりませんでしたが、白色申告ではそのような届け出の必要はありません。また青色申告の時のような厳格な帳簿記帳も必要ありません。基本的には領収書などを整理保存するだけで申告できます。

申告の際は税務署で「白色の申告用紙をください」と言えば用紙を渡してもらえます。
慣れれば1日でも済ませることができる白色申告ですが、それでも初めてのときは手続きの流れや用語が理解できず戸惑うこともあります。
特に白色申告で一番重要であり、かつ最も手間のかかるのが経費です。
経費とは仕事をする上での必要となる諸経費ですが、この手間のかかる経費の計上のために次の点だけは普段から必ず心がけるようにしましょう。

・領収書やレシートは全て保管する。
特別な帳簿を必要としない白色申告では経費の証明は領収書やレシートによってのみ可能となります。
額面の大小にかかわらずあらゆる領収書の類いは全て保管するようにしましょう。

・科目ごとに集計するようにする。
白色申告でも申告の際に収支内訳表を提出しなければなりません。これには経費の欄があり旅費・交通費、消耗品費、通信費などの項目(科目)ごとに分けて申告するようになっています。
これは通常から習慣付けていれば慣れてしまいますが一度に処理するとなると大変です。

申告する過程でわからないことがあったら税務署の係の人に直接聞いてみるのが一番です。
個人の場合でもかなり丁寧に指導してもらえます。


「申告についての知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析