修正申告は急いで

修正申告は急いで

修正申告は前に説明した更正や更正請求と密接な関係があります。
確定申告において、納める税金が多すぎた、還付された税金が少なすぎたと言う時に行う請求が更正請求が更正請求でした。これと反対で納めるべき税金が少なすぎた、あるいは還付される税金が多すぎたと言う時に行うのが修正申告です。

更正要求と違い修正申告で1にも2にも重要なことは、誤りに気がついたらただちに、できる限り早く修正申告を行うと言うことです。税務署から申告税額の更正を受けたり、税務調査を受けてから修正申告を行うと、新たに追加で納める税金以外にも過少申告加算税と言うものがかかってくるからです。
一種のペナルティのような感じですが、正確に申告しておけば払う必要などまったくないこのような加算税を納めるのは無駄な話です。しかも過少申告加算税は新たに納めなければならなくなった税額の10%、しかも新たに納める税金が当初の申告納税額と50万円の、いずれか多い金額を超えている場合には何と15%!も納めるはめになってしまいます。

またこれと関連して確定申告の提出が遅れ、期限後の申告になった場合にも申告加算税というペナルティが発生します。過少申告加算税に関しては税務調査が入る以前であれば多分過少申告加算税の支払いは免れると思われますが。

いずれにしても、確定申告に関しては、するべきことをあいまいにやる、あるいはずるずると後のばしにすると言ったことは絶対に止めなければ後々後悔することになります。


「申告についての知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析