これでわかる試算表!

これでわかる試算表!

試算表とは決算を確定する前に、すべての勘定科目について作成される貸借対照表や損益計算書のことを言います。 貸借対照表や損益計算書を作成する前段階として「合計試算表」「残高試算表」「合計残高試算表」の3種類を作成します。それらについて簡単に説明しましょう。

・ 合計試算表
合計試算表とは、総勘定元帳の各々の勘定口座の、借方合計の金額と貸方の合計金額を集計して作成されます。形式は科目ごとの合計やまたは残高を集計した一覧表で、間違いなく転記されたかどうか、つまり「貸借一致」などを確認する目的があります。
転記が正しければ借方合計と貸方合計は当然一致することになります。

・ 残高試算表
残高試算表では合計試算表とは違い、各勘定における借方と貸方の金額の差額を集計します。
すべての勘定項目について損益計算書および貸借対照表の区別無く貸借に並べます。決算整理仕訳を行う前であれば決算生理前残高資産書と呼ばれ、決算整理仕訳以後であれば決算整理後残高試算表と呼ばれます。貸借対照表や損益計算書はここでインプットされたものから各々作成されることになります。

・ 合計残高試算表
合計残高試算表は、合計試算表と残高試算表をまとめてひとつにしたものです。

さて、合計試算表と残高試算表ではなにが違うのかと言うと合計試算表では企業の一定期間の総取引金額が分かります。
一方、残高試算表では企業の損益状況や財産の状態などを知ることができる利点があります。


「申告についての知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析