中間申告の方式を知っておく

中間申告の方式を知っておく

中間申告とは原則的に事業年度が6ヶ月を超える法人の場合に、事業年度の途中で税の申告と納税を行うことを言います。言わば年間の税額が確定する前に一部の税金を前払いする制度です。
対象となるのは前期の年税額が、法人税20万円、消費税60万円、所得税15万円を超えた場合に今期の税金を前払いします。納税額がこの金額に満たない会社では中間申告・納税の必要はありません。
中間申告及び納税は、中間申告期間と呼ばれる事業年度の最初の6ヶ月の終了時点から2ヶ月以内に行います。

中間申告の方法について

●予定申告方式
予定申告方式とは、前年度の確定税額を基に中間納付額を計算する方法です。通常は前年確定税額の2分の1の額となります。 実際には中間申告の時期が近くなると税務署から中間申告書と納付書が送られてきます。これらの書類では先に述べた予定申告方式に基づいて計算された納税額が印刷されています。
受け取った会社はこの書類に押印した後、納付額の税金と共に納めます。

●仮決算方式
仮決算方式というのは、中間申告の対象となる期間を1つの事業年度とし、仮決算を行って納付額を決定する方式です。 仮決算にするかどうかは事業者側が任意に選択できます。
ただし注意点としては仮決算方式によって算出された結果が赤字となって還付税額が出ても本決算による確定年税額ではないので税金の還付対象とはなりません。 消費税の中間申告について 中間申告のなかでも消費税については他と変わった特徴があります。
それは前年度の確定年税額が増えれば増える程中間申告の回数も増える点です。6000万円を超えるような税額の場合では中間申告の回数は11回にも及びます。


「申告についての知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析