司法書士

司法書士について

数ある士業の中であなたは司法書士の仕事をどのくらい知っていますか?弁護士との違いはどこなの?と思う人もいるかもしれませんね。

司法書士はとても難関な国家資格のひとつとしても知られています。主な仕事としては、不動産登記や商業登記などの登記業務、裁判所や法務局などに提出する書類や成年後見人にまつわる書類の作成業務があります。

あまり詳しく知らない資格かもしれませんが、私たちが社会生活を送る上で意外と関わり合いがある場合があります。例えば、土地を購入したり家を新築した場合、不動産の登記が必要になるのですがそこで司法書士の存在を初めて知る人もいるようです。

最近では書類作成業務の中で、サラ金などによる多重債務や過払いなどの借金問題の解決に注目が集まっています。近年では借金問題で苦しむ人が増えてきているのでそのような問題を迅速に解決する手助けをします。借金問題へのニーズは年々高まりを受けて、債務整理や自己破産、過払い請求などが頻繁に行われる時代になりました。

また認定司法書士(一定の研修を受け、法務大臣から認可された司法書士)に限っては、140万円以下の簡易裁判所事件の代理権が与えられているので、その場合は弁護士と同じように代理人となることができるようになりました。単なる書類作りだけが仕事というわけではなく、活躍の場は広がってきています。

弁護士も法律の専門家ですが、司法書士は市民生活に密着しており、より身近な街の法律家と言えるかもしれませんね。ここでは司法書士について見ていきたいと思います。


「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析