自己破産とは

自己破産とは

自己破産は借金の返済が継続して行えないと裁判所から認定された債務者が、借金の返済を免除してもらうための手続きです。自己破産によって借金返済を免除してもらえますが、信用情報機関に自己破産の事実が記載され、5年から10年程度はローンやクレジットカードによる借入、新規借入が出来なくなります。

また、一定の職業に手続き期間中は就けなくなるといったデメリットがあります。また、生活に必要な財産を除き、原則として処分されることとなります。しかし自己破産をした場合、選挙権を失ったり、住民票や戸籍に自己破産の事実が記載されるようなことはありません。

自己破産は借金の返済能力が無い場合に行う手続きです。借金の返済に悩み、苦しむ人を救う為の手続きであると同時に、借金返済を免除されるといったメリットに対しては、新しいローンが組めないといったデメリットが発生することはしょうがないと言えるでしょう。

何より、苦しい借金の生活を抜け出し、再生するための手続きです。有効に活用し、二度と同じ状況にならないように、イチから出直すといった気持が必要です。決して安易な気持ちで自己破産などすることのないよう、十分にデメリットを考慮するようにしましょう。

しかし近年では自己破産する人の数が急激に増えています。それだけ不況な時代だとも言えるのかもしれませんね。平成17年1月1日に自己破産制度は改正され、より、利用しやすくなっています。


「自己破産するべきか」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析