自己破産したらローンはどうなる?

自己破産したらローンはどうなる?

自己破産をすることによって、信用情報機関に自己破産の事実が記載され、免責決定後は各種ローン、クレジットカードの作成などが行えなくなってしまいます。自己破産は金融事故扱いだからです。
しかし、5年から10年程度で記録からは抹消され、通常通りに新規にクレジットカード作成が出来たり、各種ローンが利用できるようになります。

自己破産前に組んでいた住宅や車のローンは、免責決定によって残債分も免除となりますが所有権は債権者への分配に充てられることとなりますので注意しなければいけません。
クレジットカードやローンで購入した高額な20万円以上の商品等は処分されローン残額がある場合、商品の回収が行われる場合もあります。

自己破産後、クレジットカードが作れない、ローンが組めないといった点で苦労する方が非常に多いものです。5年から10年という期間は、短いようで非常に長く、再スタートを切った後、再び、住宅の購入や車の購入を検討しはじめた頃、ローンが組めない点で大変な思いをされる方が多いのです。

返済が出来ないといった状況では生活の不安や支払いの問題、毎日が余裕の無い状態といった苦しい日々が続きます。それらを解消するための手続きが自己破産です。生活が落ち着くことで、生活にゆとりが生まれ、返済に充てていた給与などが自由に使えるようになりますので、貯蓄を行い、ローンを組まずに生活できる状態を取り戻すことも可能です。

自己破産によってローンへのデメリットはありますが、メリットを最大限に生かし、自己破産後の生活を立て直すようにしていくとよいでしょう。


「自己破産するべきか」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析