自己破産免責に注意しよう

自己破産免責に注意しよう

自己破産の申し立ては免責許可を得る為です。免責は自己破産者が借金の免除を受けることで、免責許可が下りることで、借金の返済義務が無くなることになります。
本来自己破産申し立てと免責の申し立ては別でしたが、平成17年1月1日に施行された破産法の改正によって、自己破産の申し立てと免責の申し立てが同時に行えるようになりました。これが同時廃止です。

同時廃止が行われるようになったことから申し立ての迅速化が図られ、自己破産申し立てから免責決定まで短期間でよりスムーズに決定が下されるようになったのです。自己破産の制度は免責決定を受けることが最終目標です。この点を十分に踏まえ、理解しておく必要があるでしょう。

また、自己破産申し立てを行ったにも関わらず、免責が下りない、免責不許可となる場合があります。財産を隠したり、自己破産の状況でありながら信用取引を行ったなどいくつかの不許可事由に当たる行いがあった場合、免責不許可となり、借金の返済義務は残ります。

自己破産手続きの相談を行った場合、免責不許可になるケースは明確ですので、自己破産申し立てそのものをしない方がよいと言われるでしょう。自己破産の申し立ては、個人でも行えるため無理なケースでも申し立てを行えば、免責不許可をなることがあります。

必ず専門家に相談した上で自己破産手続きを行わなければいけないでしょう。自己破産の申し立てと免責決定が下りなければ、全く意味が無いということになってしまいますので、注意しましょう。


「自己破産するべきか」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析