過払いの時効には注意して!

過払いの時効には注意して!

過払い金の消滅時効は10年とされています。過払い金の時効の起算日は過払い金が発生した時点からとなりますので注意しましょう。しかし、過払い金が発生した後も、借入と返済が継続している場合、消滅時効は成立しないのです。

そして、一旦完済していても、また同じ契約で借入が発生し、取引があれば継続としてみなされ、消滅時効は成立しないのです。過去の取引明細が残っていれば契約時点にさかのぼって過払い金の計算をすることも可能ですし、取引が継続されている間は、いつでも過払い請求が行える状態だと言えるのです。

また、取引終了時を過払い金返還請求の消滅時効の起算日とするとした判例もあり、取引終了時から10年間、消滅時効の成立とならないといった判断が下されていますので、10年以上前の過払い金の返還請求も可能だということです。

まずは一刻も早く過払い請求は行った方が得策です。10年の時効があるから大丈夫などと安心せずに、相手側の経営状態が悪くならないうちに、過払い請求は行った方がよいと言えます。

いずれの場合も弁護士などの法律の専門家に依頼することが得策です。例えば、取引の借用書や契約書等がなくても、取引履歴の開示請求が弁護士には行えるため、しっかりと全期間分の取引内容を調べ、確認することが出来るのです。

過払い金により返済額が大きくなり、生活を圧迫している例も少なくありません。可能な限り早く過払い金請求を行い、負担額を軽くしていくことが必要なのではないでしょうか。


「注目を集める過払い問題」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析