過払い請求のデメリットってなに?

過払い請求のデメリットってなに?

過払い金の返還請求は、法律で定められた金利以上に利息を支払っている過払い分を、返還してもらうことですが、デメリットもいくつかあげられます。

過払い金のデメリットの一つに、債務が残った状態で過払い金請求を行った場合、信用情報機関へ登録され、一般的にブラックリストに乗るといった状態になります。過払い金の返還請求は、借金整理や任意整理の方法の一つとされているため、信用情報機関に記載されてしまうのです。

ブラックリストとなった場合、借入が出来なくなったり、クレジットカードの新規発行が出来なくなるといったデメリットがありますので注意しましょう。回避する方法としては、貸主と和解する際、信用情報機関への情報を消してもらうといった方法があります。
この件に関しては、弁護士や司法書士などの法律家にしっかりと相談した上で対処していきましょう。

次に、過払い金請求は、法律家の専門である弁護士、司法書士に対処を依頼します。この依頼や手続きに関して費用がかかることもデメリットの一つでしょう。

過払い金請求の最も大きなデメリットは、信用を失う、ということです。過払い金請求は金融事故の一つだからです。過払い金請求を行うことで、全ての返済義務が無くなるといった場合もあり、状況によっては大きなメリットとなりますがデメリットについてもしっかりと把握しておかなければなりません。

実は目先の利に走ったばかりに、結果的にデメリットの方が大きかったというケースも少なくありません。
その点を踏まえた上で、過払い金請求を行うかどうかの選択を行う必要があると言えるでしょう。


「注目を集める過払い問題」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析